HOME > PROJECT > 

水族館でのウォールアート [WALL ART/WORK SHOP] 実績

水族館でのウォールアート [WALL ART/WORK SHOP] 実績

子ども達の作品を一体化するウォールアート製作プロジェクト

2020717日グランドオープンする川崎水族館「カワスイ」ウォールアート 制作プロジェクトを実施しました。今回のプロジェクトで描くのは、南北アメリカ大陸でトラ、ライオンに次いで3番目に大きなネコ科の肉食獣ジャガー。アマゾン川流域やパンタナルに生息するジャガーは個体数が激減しており、現在では絶滅危惧種に指定されています。「ジャガーを描くことで、環境問題にも目を向けてもらいたい。」カワスイのそんな願いから今回のテーマが決定しプロジェクトがスタートしました。


 今回のアート製作には全国の子ども達、そしてクラウドファウンディングからご応募頂いたご家族にも参加頂き、計130点にも及ぶ模様や動植物のパーツを制作。ワークショップを並行して行うことで、みんなで創るアート作品としました。担当するアーティストは、ドローイングをベースに、ライブペイント、版画、立体造形、映像作品などの多彩な表現活動を行うMAJIO[マジオ]。みんなの想いをひとつに、横幅6m、高さ2.5mの巨大ジャガーを描き上げました。