HOME > サービス > 

ウォールアート

ウォールアート ウォールアート

壁面アートでクリエイティブな空間に。
店外・店内、オフィス壁面などにも。

タイポグラフィや現代アートを
ショッピングセンターやイベント会場のインテリア装飾に。
また、飲食店、美容室、クリニックなど、
無機質な空間にワンポイントを加えることで、
差別化された空間の演出を行います。

壁面アートの施工に必要な
4つの要素

  • 壁面アートの施工には、はじめに綿密なオリエンテーションにて用途・目的の明確化からブランドイメージの共有を行います。その後、コンセプトやテーマの策定を経てラフスケッチを描き起こしますので、スケジュールに余裕を持ってご相談ください。

  • カフェやレストランなどの店舗内壁面や、オフィス・倉庫内壁面への施工の際は、施工に要するスペースの確保が必要となります。また、店舗外装やビル壁面、工事現場の要城壁やブロック塀に施工の際は、天候や道路使用許可に左右される場合もあります。

  • THE ARTには様々な作風を持つ個性的なアーティストが数多く参画していますので、ブランドイメージやコンセプトに即したアーティストのアサインが可能です。WEBサイトに掲載されている作品のほか、WEB未掲載の作品をご覧頂くこともできますので、まずはご相談ください。

  • THE ARTに参画するアーティストの活動拠点は、日本国内はもちろん、世界中に及びます。スケジュールの都合上、直接お会いしてのミーティングが困難な場合は、TV会議を用いての打ち合わせをさせて頂く場合がございますことを、予めご了承ください。

オフィスが変われば、意識も変わる。
現代アートでモチベーションの高まるオフィスに。

オフィスは単なる「働く場」から「ブランドを体感する場」へと役割が大きく変わりつつあります。
ただキレイなオフィスではなく、オフィスのあり方を通し企業ブランドやその世界観、
コンセプトを従業員や事業関係者に伝え、企業DNA、理念、ポリシーの共有を行うことで、
従業員や事業関係者とのブランド・エンゲージ強化を図ります。
ブランド・エンゲージ強化は、従業員のモチベーションを高め、売上向上や離職率改善へとつながります。

オフィスが変われば、採用も変わる。
オフィスデザインで選ばれる企業へ。

世界中で圧倒的な人気を誇るスターバックスは、なぜ世界中に多くのファンを持つのか。
その秘密はスターバックスの掲げるコンセプト「Third Place(家庭でもなく職場でもない第3の空間)」にあります。
スターバックスは美味しいコーヒーを提供する店としても有名ですが、
スターバックスが最重視しているのは「お客様に安らげる場所を提供する」ことであり、
その場のことを「第三の場所(サードプレイス)」と表現しています。

そして、お客様にとっての「安らげる場所」が体現されている要因は、
従業員の優れたホスピタイティによるところも大きいのですが、ホスピタリティを実践するのは従業員の皆様です。
就業場所の空間デザインに誇りを感じ、従業員にとっても心地良い場所であるからこそモチベーションと忠誠心が高まり
、 スターバックスの一員として職務を全うしようと素直に思えるのです。

心地良い空間で過ごす時間は、就業時間であってもその人のライフスタイルそのものであり、
とりわけ「長時間を過ごすオフィス空間は、プライベート空間と同様に心地よい空間であるべき」との
考えが世間一般にも浸透してきています。

言葉だけでは伝えきれない世界観や企業ブランドをオフィスデザインで具現化し、
従業員や求職者と体感することで、言語化されたメッセージと共にビジョンやコンセプトまでもがスムーズに共有され、
選ばれる企業ブランドの確立に繋がるのです。

オフィスが変われば、サービスも変わる。
オフィスデザインで愛される企業へ。

多くの企業が据える課題のひとつに「従業員教育」がありますが、その多くは経験から身につく
知識・技術の不足ではなく、応対や気遣いなどのホスピタリティにあるのではないでしょうか。
仕事が楽しい、やりがいがある、一員である自分に誇りを感じられるなど、
個々人のモチベーションがサービスのクオリティを高め、社風を形成するのです。
そのため「従業員のモチベーションをいかにして高めるか」が
お客様に愛される企業になる秘訣であると言っても過言ではありません。

オフィス空間はすべてのスタッフが体感を共有できる数少ない場ですので、
企業ブランドや商品・サービスコンセプトをオフィス空間で具現化することで皆が同じ目標に向かい、
意欲的に働くことのできる場にすることが重要です。
目指すべくは「その企業の一員である自分を誇りに思える」空間デザインなのです。

PREV ライブペイントパフォーマンス NEXT プロダクトアート